2008年06月18日

ずっとみたかった


終わらない仕事とYOUTUBE。

日本でも最も気合いの入った河原乞食芸能集団(であった)白虎社と荻野目洋子、夢の競演。


いろいろな意味でやっぱりろくな人達ではなかったことが(いろいろな意味で賞賛であり唾棄であるのだが、大須賀サン、失礼)映像からもじんわりと伝わってくるが、10余年の時を経て再びこの確信犯的放送事故映像と対面するに、おれはこの番組ディレクターのやりたかったこと、ある種のリリシズムさえも、なんとなくわかる、ような気がする。

この映像は、おれのなかではなぜか、秋葉原の無差別殺傷事件、宮崎勤の死刑執行などのここ数日の風景とショートカット的に繋がる。狂気や閉塞感など、善悪や健康/病の価値定義をすぽっとすりぬけてしまう、もっと純粋に禍々しいなにか。古代から未来まで貫通してこの極東の島にある、ただ真白い魔=間。そして荻野目とPerfumeすらも、なにかが重なって視得る。

そしておれは疲れていることに、ふと気付く。
大きな休息のために、いま一踏ん張りだ。

南へ。ビールの広告のような休息へ。




posted by bangi at 01:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カオスの場が、昔六本木、今秋葉原、ということなのか。
ハキムベイの呪文を秋葉原で唱えよ、ということなのか。
まーそういうシンプルな回答こそが建設的無難というものだろう。くわばらくわばら、だぜ

おれはここ数日森へ、長野の森へ向かいたかったのだが、
考えてみれば宮崎の悪夢召喚の舞台も森だった。
都市生活者が夢想する魔的都市空間など、森の魔物のシミュラークルに過ぎないのかもしれない。

http://jp.youtube.com/watch?v=HOuIA7ddJKc

がーいいから仕事片付けて、南へ!
Posted by bva at 2008年06月18日 01:28
またどこかの公園で再会できたらいいね♪
Posted by jerrysunshine at 2008年06月18日 03:01
船を建てるか。。。


パンガン島いきてー。
Posted by Beaton at 2008年06月18日 07:42
almost there
加油! 加油!
Posted by Raven at 2008年06月18日 08:43
加油too, guys!
Posted by bva at 2008年06月18日 09:37
わかった。

荻野目の童=翁
+
白虎社の九十九神
+
ディレクターのリリシズム
=
Perfume(投企された廃墟、秋葉原を遠景とする日本)

つまりこの映像は予言されると同時に因数分解されたPerfumeであり、PerfumeはまたFlashbackとしてのにっぽん昔ばなしなのである。かも知れない。違うかも知れない。

出社します。
Posted by bva at 2008年06月18日 09:53
もうちょっとだ
がんがれ
Posted by Raven at 2008年06月18日 12:46
チェリーちゃん、
パラソル持ってな〜。

Posted by EUっぺ at 2008年06月18日 23:27
shach-Oさん

やっぱり貴方はすごい
Posted by reiko at 2008年07月25日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。