2009年02月14日

DIP IN THE POOL、相対性理論、広島

DIP IN THE POOL "Rabo del sol"


モデルの甲田益也子がVoのユニット、DIP IN THE POOLのビデオクリップが全部Youtubeにあがっててサンキュー。

このクリップは実家がパイオニアのレーザーディスクプレイヤーを買った時に付属していた「レーザーディスクの高画質・高音質を楽しんでね」的サンプルディスクに収録されていて、今考えるとかなりエッジのきいたディスクだった。他には坂本龍一の名曲Thatness and therenessにフェアライトなサイバー環境映像をあわせたものやP-MODELのKARKADORにピーター・カラスなるビデオアーティストがやっぱりいかにもフェアライトな画をつけたものなど。同じスタジオで一気につくったのだろう。フェアライト祭り。小学生か中学生かだったかのおれは存分に楽しんだ。

これこれ


まーともかくDIP IN THE POOLだが、80年代の最良の部分が凝縮されたスーパークオリティにびっくり。画も音もコンセプトもまったく古くならないってどういうことか。
こういうお洒落具合て最近ないのは、不景気だからですか?「自然体」てことの捉え方が、このあたりと今で少し違ってる気がする。

クリップの監督が中野裕之氏だったこともびっくり。冴えてる。冴え冴えだ。
ちなみに一度だけしょぼい仕事で中野監督とご一緒したことがある。政治的な因縁で仕方なく引き受けた仕事だけに、氏のふてくされぶりはかなりのものだったが、今おもえばそれでも、この感じはあったかも。そうかも。少しね。

まーやっぱ甲田益也子が最高なのね。


それでいいのだ



今気に入ってるのは相対性理論


DIP IN THE POOLへの眼差しが甲田益也子という「存在」のみにフォーカスしその他一切の物語を切り捨てること(または一切を暗喩の次元で完結させてしまうこと)である強い透明度を達成していることに対し、相対性理論はべたつくように陳腐な物語が中心の「不在」にブラックホールのように吸い込まれていく禁断の快楽を提示する。昭和歌謡、女子高生、SF(ここに雄大くんが登場している)といった物語の断片を、ブラックホール経由でホワイトホールから再び怒濤の勢いで枯渇した世界へ噴出させる、意味のバッコス祭、不在祭。超光速の女司祭の残像は、あるはずのないペニス、太陽のしっぽRabo del solとしてのみ感得できる。
http://www.kauntar.com/23/vol_m06.html

さて、広島にいってきた。
久々に3徹し、その足で朝6時の飛行機に乗る。「飛行機で寝ればいいじゃん」と思ってたら1時間くらいで着いてしまった。

厳島神社参拝。こんな神社みたことねー!ここに住みたい。

torii.jpg

裏山の大聖院でマニ車初体験。なんでもある密教デパート感覚。
当代の最新アートトレンドだった密教美術の最良のエッセンスが味わえるぜ。ポップなやつが。やっぱ宗像3女神のお膝元では、このお洒落感覚が求められたのだろう。お洒落じゃないとね。駄目よ。あたりまえ。そういうところ、真言宗ってわかってるよねー。ダライラマ猊下のプロマイドをありがたく頂く。

&弥山登山。なんてことのない遊歩道だが、頂上に近づくにつれ異世界の香り。
最終的にはすごい巨石の世界。全ての条件が揃っているのにUFOスポットとして情報化されていないのは、ひとえに推古っちのお洒落ごころによるところ大。ドルチェ&ガッバーナ!ビール飲みながら書いているのでだんだん適当になっていくのはまぁそういうもの。

下山してもみじ饅頭。もみまん。焼きもみまん。そして

牡蛎だー!

焼いたり煮たりあの手この手で牡蛎を讃えるおれたちの祭。
最高だ。最高だよ田中さん!

さてホテルのバーでもう一杯、れっつらGO!と皆をかりたてるも、1杯目で突然スイッチが切れる。記憶がない。人生2度目くらいの酒で記憶をなくす体験。3徹&登山&酒で、意識って操作できるんですね。みんな、おれのおごりのつもりだったのにゴメンな!こんどご馳走します。

さて寝て起きたら路面電車に飛び乗るぜ。平和公園。でももう面倒くさいので詳細は妻の日記で。ひとつだけいっておくと、原爆資料館、新館はクソだが本館はいいよ。


平和公園と広島最高体験については、あーもうまた次書く。いまから焼き肉くいにいくから。アディ押忍!










posted by bangi at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮島の牡蛎

美味しいです
Posted by ryuji_s1 at 2009年02月17日 08:50
甲田益也子は巫女衣裳が似合いそう。
隣にいる男性はピチカートファイブしかり、ですね。

Posted by 牡蠣っぺ at 2009年02月17日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。