2009年08月08日

ボーンノリッピー



すでにティモシーリアリーみたいな存在感。あるいはその予感。
Consensus Reality と Alternative Realityの界面をここまで意識的に挑発的にデザインできたという点では大人物には違いない。

そんな彼女もしかし目下のところ、ヤクザ、シャブ、芸能界という既存の重力を振り切るEscape Velocityには到達できなかったようだが、実はここからの展開次第ではまだまだどうなるか。極左ゲリラWeather manの手を借りて脱獄し、CIAを向こうに張った逃亡生活の挙げ句20世紀カウンターカルチャーのアイコンとなったTimothy Reallyよろしく、海外逃亡〜twitterとYoutubeを駆使してノリッピーなライフスタイルとメッセージをデジタルアンダーグラウンドで発信し続けたなら、、、

21世紀のSPEED DIVAの誕生だ。妙にパキパキしたChemical Witchcraftの勃興すらあり得なくはないだろう。それはひとえに、彼女が既存の重力圏へのソフト/ハードランディングを求めるか、真の自由を求める強靭なPositive Visionによってその重力を振り切るか、その意志に委ねられているのかもしれない。違うかもしれない。

www.dotup.org13291.jpg


posted by bangi at 16:45| Comment(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。