2009年08月20日

Pseudo Media Theory


"単眼集約型メディア環境"
TV, Newspaper
Authorization/Civilian model

市民(Citizen)は、ひとつのまなざし(Camera, Pen, Common sense)をつうじて、社会インフラ(Infrastructure)上のひとつの場(Society)に焦点する
歴史的(Historical)に承認された(Authorized)中心(Main culture)とその周辺(Marginal, Subculture)は、絶対的(Absolute)かつ競合する(Competitive)

知の形態Intelligence format:
権威Authority/法Low/図書館Library/広告Advertise/欲望Desire



"単眼拡散型メディア環境"
Web,Blog, SNS
Collaboration/Tribal model

個々人(Individuals)は、それぞれのまなざし(Device、Browser, Cultural Behavior)を通じて、情報組織(Network)上の複数の場(Community, Nest)に焦点する。
一時的(Temporary)にFocus inされるMain streamとFocus outされるSub streamは相対的(Relative)かつ相補的(complemental)である

知の形態Intelligence format:
合意Consensus/禁忌Taboo/書庫Archive/記述Script/見解Opinion



"複眼内化型メディア環境"
Twitter,Tumblr
Internalization /Shamanic model

匿名単位(Anonymous unit)はそれぞれのまなざし(Mobile device, Nerve feedback)を溶解(Follow)、共有 (Reblog)し,個々の意識(Consciousness)に内化(Internalization)する。
非時間的(Non-liner)に知覚(Perception)される複眼幻視像(Omni-sight)は、相互蓄積的(Co-Accumulative)かつ共感的(Sympathetic)である

知の形態Intelligence format:
啓示Revelation/因果Karma/共時性Synchronicity/映像Vision/意志Will


Twitter
http://twitter.com/bangi23

Tumblr
http://bangi.tumblr.com/


PMT100.gif
posted by bangi at 14:55| Comment(9) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん

単語ではよく解りませんが

やっていることは同じような気がする。
Posted by カウヒ at 2009年08月20日 20:35
まー平たく言えば、権威は創造されねばならず、合意は確証されねばならず、啓示は発見されねばならないという要求に応じて、それぞれの位相のメディアとそこに流れるメッセージにおいて強調される、支配的な時制があるということ。TWITTERやTUMBLRといったメディアが提示する新たな時空間のモードは、恒常的な追想、憶いだし、あるいは曖昧な決定論に基づき停止する歴史ともいうべきものであり、そこで我々はすなわち無限に遅延されたアポカリプス、宇宙的週末論COSMOLOGICAL WEEKENDの語らい、を体験するのである。さらにひらたくいえば、そこでは愛の告白は全て過去形で綴られるのだ。GROK
Posted by BVA at 2009年08月21日 01:02
チベット密教の埋蔵経典の時間論、ていえば解りやすいかな?未来は常に憶いだされる、という。腹減った。
Posted by BVA at 2009年08月21日 01:11
pmtうまくまとめられてるね。
Posted by 719 at 2009年08月21日 07:06
でまー消費行動のトリガーも広告される未来の欲望(マスコミ)、記述された現在の見解(クチコミ)、映像化された過去の意志(埋蔵経典の発掘)、と推移するというPSEUDO MEDIA THEORY
Posted by BVA at 2009年08月21日 08:35
もっといえば経済活動の主軸も消費、編集、幻視と推移、つか玉ねぎの皮のように重層化していく。
Posted by BVA at 2009年08月21日 08:54
幻視人!ていうか明日500円だってよ。
http://www.we-love-space.jp/
Posted by oi-chan at 2009年08月21日 21:22
全く平たく言ってないし埋蔵経典とか言われてもさっぱりわからない。

でもなぜかそれがイイ!
Posted by VIP23 at 2009年08月21日 23:51
とても興味深い考察と思いました。流石。着目いたします。
次回、Face 2 Faceで会ったときに詳しく解説ください。

TWITTERに「Flash Back」を担わせるのはちょい重荷かなぁと思いました。メディアが放つメッセージとしては確かにセレンディピティなんだけど、まだ子供のおもちゃかなー?って。結局、有名人がさらに有名人になるというダサさが抜けないので、結局は「TV EYE」の補完ツールに成り下がる予感がしませんか?
Posted by TKD at 2009年09月09日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。