2007年09月16日

インディゴ小学校ほか

DJ SARAちゃん(8歳)


DJ RYUSEIくん(5歳)とのフリースタイルバトル


彼らを相手にする小学校の音楽教師は大変だろうなぁ。

海の向こうのお友達、DJ A-KIDDくん(5歳)


DJマンガ「クラブDJストーム」
http://djstorm.blog49.fc2.com/

もうマスメディアはまったく必要ない。SEARCH&CREATE!


posted by bangi at 14:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うれしい感じ
Posted by Raven at 2007年09月17日 19:12
そして鋭く澄んだ音♪
Posted by hisaco at 2007年09月17日 23:00
ガキのスクラッチ、と抽象化してしまうと元も子もないけど、DJ SARAみたいなチビッコって昔から世界中にいるんだよね、きっと。かつて(エレキ)ギターが象徴していた何かを、ターンテーブルやPCで表現できるようになった時代とともに、こういう子供たちもわらわらと出現してきたんだと思う。ジャンルを問わず結構多くのDJやミュージシャンが「ガキの頃から回してた」みたいなことをインタビューで言ってたりとか。どこにでもいるわけじゃないけど、キミの学校にもそんなコがいるかもしれないよ、なんて。

とか言ってみた上で、DJ SARAのプレイというか映像が秀逸なのは、なんといっても彼女のキャップのかぶり方なんだよ。目深にかぶって表情が良く見えなくて、クールというよりも「どこの誰だかわからない」って感じ。撮影されてる場所もどういうとこなのかよくわかんないし、「東京の某所にあるビートラボ」っていうか、地下ビデオ的ないい感じの空気をかもし出してる。

でもってこのビデオ、YOUTUBEのトップで紹介されてたから俺も見てたんだけど、同じようにして世界中の人が見てるわけでしょ。いやはや15 minutes of fameならぬ15MB of fameなわけですよ!うひょ〜。
Posted by 犬TV at 2007年09月23日 04:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。