2008年02月22日

投企

未来に運命ごと投げ入れる。
http://blogs.itmedia.co.jp/tkd/2008/02/post-d330.html

信じることも疑うこともできなくなった絶望の時代に、
自らを運命ごと未来に投げ入れること。

それすなわちMagickであって、Magickはそれ以外の何ものでもありえない。
それはAstral Projectionだ。

黒ローブを脱ぎ捨て、グリモワをMash upしなければならない。
全てを常に新しいまなこで注視し、かつそこに不在するものこそをみなければならない。

跳躍を開始するいまここの足場だけを確かめ、その他一切を忘却する手順として、
息を数え、数を脈に、脈を軸に、軸を光に、光を無に変容せしめる。

そこから、遥か彼方に置いてきたI AMを
自分自身が命名した、秘密の名前で、再び召喚する。

で、どうするか。そういう話をしたい訳だよ。
しちゃおっかな。どうしよっかな。
まぁじわじわだ。



サブジェクトからプロジェクトへ (単行本)
ヴィレム フルッサー (著), Vil´em Flasser (原著), 村上 淳一 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4130100769

何も共有していない者たちの共同体 (単行本)
アルフォンソ・リンギス (著), 野谷 啓二
http://www.amazon.co.jp/dp/4903127028

The History of British Magic After Crowley (ペーパーバック)
Dave Evans (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0955523702


posted by bangi at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぉ!面白い&スリリング!

そんな跳躍がしたい。
そんな話しがしたい。

でもわからないことも多いけど。


Posted by voidphrenia at 2008年02月22日 19:24
>voidphrenia
まぁじわじわぼやいてみます。譜面のような詩のような。 あの件ほんとにありがとう。( ;∀;)

Posted by bva at 2008年02月23日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。